慢性鼻炎の臭いは?

慢性鼻炎でも蓄膿症のような色付きの鼻水が続くと、変な臭いがすることがあります。

例えるとするのなら、生ゴミやザリガニに近いものを感じたのですが、これはなんとかならないのか?

ということをまとめてみました。

鼻うがいはやらない事!

鼻うがい(鼻洗浄)は医師でも勧めている方がいますが、鼻に水をいれたがために、そのまま耳や副鼻腔にも水が入ってしまい、変な病気になるケースもあります。

たとえば中耳炎は代表的で、鼻に水を入れて鼻をかむ時に、水が逆流して耳の方に流れてしまうのだとか。

こうなってしまうと、水を取り除くことはほぼ不可能となり、中で腐敗を起こし、炎症してしまうということです。

ぼくの場合は前頭洞という副鼻腔に大きな鼻茸を作ってしまい、抗菌薬を服用しても治すことができませんでした。

結局手術で治しましたが、そもそも鼻うがいを繰り返したがために起こったことだと思われるので、お勧めできません。

それでも鼻うがいでスッキリさせたいと思うのなら、他のサイト様に鼻うがいの方法が記載されていますので、そちらを御覧くださいませ。

蓄膿症の原因は細菌やウィルスにあり!

話をもどしますが、臭いの原因は蓄膿症、蓄膿症の原因はウィルスや細菌が入り込み、それらを除去するために白血球が戦った残骸となります。

白血球は細菌やウィルスを見つけると捕食して除去するという性質があります。

ところが、捕食した後はそのまま爆発して自分も死滅してしまうため、それが多くなれば多くなるほど、大きな膿をつくり、黄色い鼻水を作ってしまうというわけです。

元がタンパク質ですから、当然腐敗してしまうので、その臭いはザリガニや生ゴミのような臭いになってしまい、症状が改善せず辛いということなんですね。

さきほどもお話したとおり、鼻うがいはやらない事を前提に考えると、抗菌薬で治す、もしくはインフルエンザや風邪なら、風邪薬を早く飲み、症状が改善するのを待つしかありません。

鼻が腐敗しているのなら、腐敗の原因となるものを除去する。

これが臭いの原因を断つ方法になります。

臭いの原因が改善しない場合は?

稀に副鼻腔にある自然口(鼻腔、空気の通り道になる箇所)が塞いでしまい、元にもどらなくなることがあります。

過年齢によるもの、鼻中隔湾曲症、元々アレルギー性鼻炎も抱えており、何度も鼻水を放出しているために、鼻に炎症がおきたり、鼻茸ができてしまうなど、いろんなことがあります。

鼻の構造的に穴を塞いでしまっているので、しっかり薬を飲んでも治すことができません。

自然口を大きく開ける手術をすることで改善しますので、臭いが続く、蓄膿症が治らないなどの症状に悩む場合は手術も検討した方がいいでしょうね。

手術をしたくない場合はどうなるのか?

医師は、

「じゃあ今すぐ手術しましょう!」

なんてことは言いません。

鼻の病気は基本的に薬で症状を緩和させるのが一般的ですし、場合によっては薬で治ってしまうこともあります。

手術は僕のように前頭洞になると、脳に近い場所なので、全身麻酔が一般的ですし、上顎洞のような場所であれば、医師にもよりますが、局所麻酔で日帰り手術ということもあります。

料金も入院と日帰りでは全然違います。

手続きも、支度もめんどくささも違います。

ですから、医師も気軽には手術をしようとは言えないんでしょうね。

蓄膿症の薬は、ジェニナックなどの強いものは1週間だけ、クラリスのような弱い薬は2週間ぐらい処方してくれます。

薬をしっかり飲みきり、それでも3ヶ月以上経過しても改善しない場合は、鼻の構造的に自然口が塞がれているので、多分薬物療法だけで治すのは難しいでしょう。

手術した場合はどうなるのか?

手術しても、しばらくの間は出血が止まりませんし、2~3ヶ月の間は痛いことがあります。

では2~3ヶ月経過したからと言って、二度と手術しなくてもいい、もしくは何もしなくてもいいと言うと、そういうわけでもありません。

たとえば、風邪やアレルギー性鼻炎(花粉症も含む)がひどくなると、また鼻が炎症してしまい、副鼻腔を閉じてしまうことがあります。

蓄膿症の手術をやった場所は、基本的に弱くなっているので同じ場所が炎症しやすくなるということがあります。

そのため、同じ場所を何度も手術した結果、匂いがわからなくなってしまい、好きな食事も楽しめなくなったというヒトもいるのだとか。

これを防ぐには、花粉症の薬を前もって服用したり、自宅に空気洗浄機を設置して、空気をきれいにしておくなど、鼻がリラックスできる環境を整えてやることが大切になってきます。

とりあえず空気洗浄機は手術後も手術前も活躍してくれますので、まずは設置してみましょう。

慢性鼻炎は遺伝なのか?

くしゃみ、鼻水、鼻づまりが止まらない、それは自分だけではなく、
親、兄弟も同じということもあるでしょうが、鼻炎が必ず遺伝とは限らないでしょうね。

ぼくの家族の場合、ぼくが幼少期から鼻炎に悩まされており、母はぼくが30歳を超えたあたりから、鼻づまりや鼻水に悩まされていました。

父、兄は喫煙者でしたが、たばこを止めたことで、咳や痰が無くなったので、遺伝よりも、別の要因が考えられるのではないかと思っています。

たまたま千葉大学に関係するサイトで、アレルギーと遺伝子に関するページが見つかりました。

アレルギーと遺伝子

こちらにも書かれていることなのですが、遺伝子とアレルギー疾患の関係について調べるには、ある程度あやしい遺伝子が存在するものの、特定するには至らないそうですね。

「Aよりは、Bの方が多いかもしれないが、確たる証拠がない」と言った感じであり、もし今後の研究が進めば、アレルギー疾患と遺伝子の関係が明らかになるのではないか?と思います。

鼻炎は遺伝しない

じつは鼻炎が遺伝と関係していることは古くから言われており、調査が行われてきたものの、決定づけるものがありませんでした。

今でも「それはあるかもしれないね。心臓が弱い人がいるように、鼻が弱い人がいるのも考えられるからね。」という答えの方が強いでしょう。

聾者や目が見えない人であっても、子供は健常者であるケースもあるので、鼻炎が遺伝と関係するという考えそのものが時間もかかりますし、意味のないことかもしれません。

もしそうであるとするのなら、鼻炎も治る可能性が高いということになります。

鼻炎の患者が増えるのはなぜか?

遺伝子の話とはべつに、年々アレルギー性鼻炎に悩まされる患者さんが増えているという話もあります。

アレルギーが起こる可能性として、動物性タンパク質の取り過ぎだとも言われており、アレルギー疾患にならないために、オーガニック食材やボタニカル系のクリームや石鹸などを利用するヒトも多くいます。

まずアレルギーの原因をあげるとするのなら、「リーキーガット症候群」というものがあげられます。

リーキーガット症候群とは、あまり耳にしない言葉ではありますが、簡単に言いますと、腸管にタンパク質が通れるくらいの微細な穴が空いてしまうことを言います。

この穴は時間が経過すると元にもどるのですが、そもそもタンパク質は、アミノ酸の形まで分解されないと腸管から体に吸収されないという特徴があるため、タンパク質そのものが腸管をすり抜けて、体に入ってしまえば「アレルギー物質」として認定されてしまうというわけです。

これは食物アレルギーの仕組みの中ではもっとも有力な説だとも言われているため、これと同じことが花粉症や排気ガスも関係するんですね。

近年、花粉症のようなアレルギー性鼻炎が増えるのも、食生活の乱れで腸管を傷つけたがゆえに起こったり、アレルギーに敏感な体質を作ってしまうのは、生活習慣、とくに食事が関係しているとも言われています。

鼻炎を緩和させる食事もある?

体質改善すると、鼻炎が治るとも言われており、その1つが紫蘇の葉に含まれているルテリオンという成分が抗炎症作用があることがわかっています。

ルテリオンはピーマンやブロッコリーなどにも含まれている成分なのですが、とくに紫蘇の葉に含まれているルテリオンは吸収されやすい特徴があるため、

「積極的に摂取したほうが良い!」

と勧めている医師もいます。
(花粉症に関係する書籍には、紫蘇ジュースの作り方、1日に10枚ぐらい食べた方が良いなど。)

ぼくもアレルギー系にルテリオンが効果があるという話を聞き、紫蘇を千切りにして醤油をかけて食べたり、鍋に入れたりと、葱よりも使う量が多いといった感じです。

使ってみての効果は、よくわからないものですが、現在の病院通いを止めた体を作ってくれたのも、少しぐらいは関係しているのかとも思います。

空気洗浄機の設置

鼻は人の体内とつなぐ穴でありながら、開きっぱなしという特徴があります。

汚い空気を毎回吸い込んでいれば、鼻炎もドンドンひどくなるでしょう。

そこで空気洗浄機を設置してみたらどうでしょうか?

ぼくは寝る部屋に置き、寝る時にいつも起動させていますが、鼻づまりがなくなったことから今でも使っています。

まとめ

鼻炎と遺伝の関係は、まだまだ確証がないようですが、気にせず治すことだけ考えれば良いのかと思います。

鼻うがいは、副鼻腔や耳に水が入って、中耳炎や蓄膿症がひどくなったという方もいます。

このサイトでも積極的に鼻うがいを勧めていましたが、ぼくも大きな鼻茸を作ってしまったので今は勧めていません。

慢性鼻炎とくしゃみの関係は?

鼻水がだらだらと流れるのとは別にくしゃみが止まらないというヒトもいます。

くしゃみが多いからと言って、慢性鼻炎だとは限りません。

なぜくしゃみがでるのかをまとめてみました。

くしゃみは慢性鼻炎が原因とは限らない?

くしゃみは、鼻に異物が付着したときに、空気で一気に吹き飛ばそうとする生理現象です。

このくしゃみは我慢することはできず、くしゃみがでそうになると、出さずにはいられなくなります。

くしゃみを出さないようにするには余分なものを吸い込まないようにすること、これしかありません。

そのため花粉症の方は分かるのかと思いますが、花粉というゴミを吸い込んでいるからこそ起こるというわけなんですね。

例外として、くしゃみはウィルスには反応しないため、風邪やインフルエンザの時にでるくしゃみは、別のなにかに反応しているというわけです。

意味もなくくしゃみが止まらないこともある?

アレルギー性鼻炎とは関係ないにも関わらず、くしゃみが止まらないという事もあります。

非アレルギー性鼻炎、もしくは血管運動性鼻炎
とも言われており、アレルギー検査でも陰性の場合にこの病名が診断されます。

よくわからない鼻炎の場合は血管運動性鼻炎と診断してもよいとなっていますが、診断するには一定のルールも存在します。

血管運動性鼻炎が考えられる基準

・くしゃみ、鼻水、痰などを連発し、アレルギー性鼻炎のような症状とみられる。(どれか1つでもあればよい。)
・鼻炎の要因が考えられない。
(職場や学校など外部的要因がない。6ヶ月以上、喫煙歴がない。鼻炎を誘発する薬を使っていない。妊娠、授乳中ではない。シックハウス症候群ではない。)
・内視鏡検査などで鼻茸が確認できなかった。
・ige血液検査やパッチテストによるアレルギー検査では陰性を確認。
・鼻汁に好酸球の存在が確認できない。(鼻水に好酸球という白血球がいるとアレルギー性鼻炎の可能性が高いです。)
・レントゲンやCTで蓄膿症が確認できなかった。

現在の治療方法としてはステロイド点鼻薬か抗ヒスタミン薬の処方が一般化されています。

これらはアレルギー性鼻炎の時に処方されるものですが、「症状が緩和された。」という患者さんもいるため、

「症状がわからないけど、アレルギー性鼻炎の薬でも試してみようか?」

というのが現状です。

これでも症状が改善しない場合は、下鼻甲介という部分を切除するか、もしくは後鼻神経という鼻の奥にある副交感神経を切ってしまうと治るとも言われています。

これができる代表的な病院は、鼻のクリニック東京かサージセンターという病院になります。

費用は20万円前後で、保険適用できるので高額療養費制度となれば、実費負担が10万円以下におさまることもあります。

慢性鼻炎とくしゃみのまとめ

血管運動性鼻炎は、原因や治療方法がまだはっきりしていません。

そのため、慢性鼻炎の1種と考えてもいいのですが、くしゃみを連発しているから慢性鼻炎とは限りませんね。

くしゃみは三叉神経や後鼻神経などの自律神経に関係しているため、ストレスや疲れなどを抱え込んだ場合に誤作動で起こることもあると言われています。

こころあたりがあるのなら、まずはリラックスする方法を探してみるのも良いのかもしれませんね。

慢性鼻炎と後鼻漏は同じものなのか?

「後鼻漏」というと、鼻炎の病気について調べた方なら分かるかと思います。

でも病院に行って、

「あっ後鼻漏ですね。」

と診断される事はありませんね。

そもそも後鼻漏ってなんでしょうか?
これをどうにかする方法はあるのでしょうか?

ということをまとめてみました。

毎日生活していて痰を吐かない日もあった?

後鼻漏の原因は上顎洞炎(蓄膿症のこと)という声もありますが、慢性アレルギー性鼻炎の場合でも同様のことが言えます。

たとえばウィルスや細菌が付着して鼻を荒らせば蓄膿症になりますね。

風邪やインフルエンザの時に、黄色、もしくは黄緑色の粘りっこい痰や鼻水がでるのは、細菌やウィルス、戦った白血球の死骸になります。

これが副鼻腔に溜まり、溢れたものがノドを通過していけば後鼻漏になるというわけです。

とは別に、花粉症などでくしゃみや鼻水が止まらなくなり、鼻の構造やのどの構造により、鼻水がのどを通過する不快感を生むことがあります。

この場合も後鼻漏になり、花粉以外にハウスダストや排気ガスなどに敏感に感じる方ほど、悩まされるようになります。

細菌性の鼻水なら抗菌薬を飲み続けるしか方法がありませんが、鼻水に細菌がほとんどいなければ、鼻水も透明になるので、抗菌薬を飲む方法を止めて、違う方法を探した方がいいでしょうね。

そこで、現在あなたが痰を吐かない時があったのかどうかを思い出してほしいのです。

痰や鼻水も四六時中でていることもあれば、一時的におさまることもあり、これが繰り返し行われます。

とくに鼻水が出てくる時は、アレルギー性鼻炎とは別に温度や湿度も関係してきます。

たとえば、寒い時に鼻水が止まらない、ジョギング中に鼻水が止まらない、ラーメンやカレーを食べていて鼻水が止まらないなどなど、思い当たる節はありませんか?

今あげたのは極端な例なのかもしれませんが、それぐらい鼻は色々敏感に感じるというわけです。

そして、1番やろうと思ってできないのが、キレイな空気を吸い続けることですね。

花粉やハウスダストがない環境にいれば、鼻が敏感になることも防げると思います。

空気洗浄機。

まずはこれを試してほしいのです。

こんなものも試しましたが?

後鼻漏に効果があると言われ、ホットシャワーという超音波温熱吸入器を試してみました。

鼻水は生理食塩水(薄い食塩水のこと)に弱い性質があり、痰を吐き出しやすくなります。

とくに粘りっこい痰に悩まされているのなら、こういった器具を使って、痰を吐き出すと良いかもしれませんね。

ホットシャワーに関して言うと、

「後鼻漏に効果的でした!」

ひどい場合は、

「後鼻漏が治りました!」

と書いているヒトもいます。

ホットシャワーは僕も試していて、毎日使った感じでは、痰を吐き出しやすくするだけでコレといったメリットは特にありませんでした。

同様の効果として、鼻うがいがあります。

ただ鼻うがいをやって、変なところに水が入ると、中耳炎になったり、副鼻腔炎(蓄膿症)がひどくなることもあります。

そういう意味では鼻うがいよりもホットシャワーの方が良いのかもしれませんね。

体質を変えてみる?

蓄膿症なら抗菌薬を飲んでおけばいいでしょうが、アレルギー性鼻炎による後鼻漏ですと、年中苦しめられることがあります。

ぼくの場合は長いことアレルギー性鼻炎に苦しめられていたため病院に行っても、

「元から鼻が弱いと思うよ。人間なにかしら欠点があるものでしょ。」

みたいな釈然としない回答をもらうこともありました。

ただ唯一の方法として体質を変えてみるという方法もあります。

アレルギーの原因を断つ!

アレルギーの原因は、僕たちの体を守るヘルパーT細胞というものによって決められています。

ヘルパーT細胞は、僕たちの体に変化が起きた時に原因を調べ上げ、その変化が起きた原因を攻撃する抗体という武器を作って攻撃をしてくれるという役割があります。

とくにアレルギー持ちの方は、このヘルパーT細胞の力が強すぎてアレルギーと決めてしまう物を増やしてしまうのだとか。

食物アレルギーが多いのもこれが原因だと思いますがいかがでしょうか?

ところが、このアレルギーを決めるT細胞を減らすことができる方法があると言われています。

それが乳酸菌を摂取するという方法になります。

乳酸菌もいろんな種類がありまして、特にラクトバチルス属という乳酸菌はT細胞の量を調整する役割があり、
ぼくたちの体にもラクトバチルス属アシドフィルス菌という乳酸菌が生活しています。

この乳酸菌には、余分なT細胞を死滅させる効果があり、海外ではアシドフィルス菌単体でサプリが売られているほど有名な細菌のようですね。

ところが、この細菌は、食べ物で摂取するにはほぼ不可能であるためか、僕たちはアシドフィルス菌を減らし、最終的にはアレルギー持ちの体に変えてしまうのだそうな。

そこでアシドフィルス菌に代わる乳酸菌が必要になるのだというわけです。

アシドフィルス菌に代わる乳酸菌は、ラクトバチルス属の棍状の細菌に見られるもので、研究も進んでいます。

ぼくが勧めるのは、これ一本しかありません。

→25年以上続いた慢性鼻炎を体内から整えてくれた乳酸菌サプリメントはコレ!!

いろんなものを試したのですが、これしか効果が無かったからです。

慢性鼻炎ってどんな症状?

慢性鼻炎は、アレルギー性鼻炎、蓄膿症(副鼻腔炎)、肥厚性鼻炎など、薬では簡単に治せない鼻炎を慢性鼻炎と言います。

逆に「先週から鼻水が止まらない。」「最近鼻がつまって息苦しい。」と言った症状で、薬で簡単に治った場合は急性鼻炎という言い方をします。

よく有名なサイトさん(〇〇ヘルスケア、〇〇耳鼻咽喉科などなど)では、「慢性鼻炎とは、〇〇で~、〇〇の症状で~、」みたいなダラダラと長い文が書かれていますが、慢性鼻炎を一言で言うと薬で簡単に治るかどうかしかないかと思いますがいかがでしょうか?

ただ慢性鼻炎と言っても色んな種類がありますので、簡単にまとめてみました。

慢性鼻炎の種類

・慢性アレルギー性鼻炎
花粉症やハウスダストなど、鼻の奥でアレルゲンが付着すると、それを外に出そうとするために鼻水が止まらなくなる症状。
くしゃみ、鼻づまり、目が痒くなることもあり、特定の花粉のような季節でしか発症しないアレルギー性鼻炎は前もって薬を服用しておくと発症しなくなるヒトもいる。
代表的なのはスギ花粉の花粉症だが、ネコや犬を飼っていて、くしゃみや鼻水が止まらなくなったり、排気ガス、ハウスダストなどでも反応してしまうヒトも同じアレルギー性鼻炎になる。
先ほどあげたスギ花粉の他、ブタクサ、ヒノキ、イネ、白樺などなど、もし全部に反応するのなら、年中花粉症(!?)ということにもなる。
ありえない話ではあるが、アレルギーは一生付き合っていく症状なので、アレルギーの種類が増えれば必然とそうなるのかもしれない。
(一昔では冬は花粉が飛散しないから花粉症にならない、という言い方をしていたヒトもいたが最近は違うようだ。)

・慢性副鼻腔炎
鼻の奥にある空洞、副鼻腔に鼻水や膿がたまる病気。
発症の原因は細菌が増殖するためだと言われているため、基本的に抗菌薬を服用すると症状が改善する。
しかし、細菌があっても無くても鼻水がたまりやすくなっているためか、症状が改善しないというヒトもいる。
こういう患者さんの症状を慢性副鼻腔炎という。
鼻の構造的に鼻水が溜まりやすい形になっているためか、いつも同じ場所が痛むようになり、手術で鼻水を取り除いてもまた発症してしまうということもある。
治すのが難しい。

・鼻中隔弯曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)
鼻の穴の奥が曲がってしまい、空気の通り道を塞いでしまう病気。
珍しい病気に思えるが、だれでも成長過程で鼻が変形しながら育っていくため、一見普通の鼻に見えてもレントゲンやCTをとると、曲がって見えることがある。
鼻の構造そのものが曲がっているため、当然薬を使っても意味がない。
全身麻酔、1週間ほどの入院による、手術で治すことができる。

・慢性肥厚性鼻炎
血管収縮剤のような点鼻薬を連続で使用したり、アレルギー性鼻炎がひどくなり、何度も鼻をかむようになると、「下鼻甲介」という部分が膨れ上がって元にもどらなくなってしまう病気。鼻がつまって息苦しくなり、最終的には下鼻甲介そのものを切除するということになる。
急性であれば点鼻薬で治ることもあるが安心はできない。よく鼻づまりになるヒトは注意。

次に慢性鼻炎の原因についてまとめてみました。

慢性鼻炎の原因

・加齢による鼻炎
年齢を増すと体が弱くなるために鼻炎が起こりやすくなります。
・妊娠による鼻炎
妊娠するとホルモンが原因でなるようですが、こういった鼻炎もあるんですね。
・冷気や寒さによる鼻炎
冷たい空気を吸い込むと、保温、保湿で鼻を守るために鼻水が流れやすくなります。
・食べ物による鼻炎
熱いものを食べると鼻水が止まらなくなります。(ラーメン、うどん、カレーなど。)とくに辛味成分が強いトウガラシは胃腸を悪くすることがあるのでほどほどにしておきましょう。昔は、「毒」とも言われていて、「辛い」のではなく、トウガラシが体の一部を少し傷つけることで、本来ならば「痛い」という表現になるのですが、一般的には「辛い」となります。そういった食材なので、鼻に良いか、というとよくないということです。なるべく避けた方が無難でしょうね。
・薬剤性鼻炎
血管収縮剤を使いすぎると発症する鼻炎が薬剤性のものですね。慢性肥厚性鼻炎とも言われていますので、点鼻薬が手放せないヒトは注意が必要です。
・乾燥による鼻炎
空気が乾燥すると、ある一定のレベルまで湿り気をもたせようと鼻水が流れるようになります。

こうやってまとめてみると、温度や湿度で鼻水の量が変化することがあり、それが鼻炎の中でももっとも発症しやすいということがわかりますね。

薬はなるべく使わない方がいいでしょうね。

慢性鼻炎による口呼吸をなんとかしたいが?

慢性鼻炎になると、口呼吸が当たり前になります。

鼻水なら出してしまえば問題ありませんが、鼻の粘膜が巨大化して鼻づまりを起こしてしまった場合は、口呼吸が止められないこともあります。

口呼吸がやめられない原因は?

口呼吸がやめられない原因は、鼻がつまっているから起こることです。

鼻水が絶えまなく流れ続けて鼻づまりを起こすのであれば、しっかり出し切ってしまい、空気洗浄機のある部屋で安静にすることがベストなのですが、鼻の粘膜が肥大して鼻づまりを起こすこともあります。

これは「肥厚性鼻炎」といい、息苦しい鼻づまりの原因はたいていこの病気に該当します。

手っ取り早く治すのであれば、ドラッグストアで売っている点鼻薬がオススメです。

この点鼻薬にはナファゾリンなどの血管収縮剤が配合されており、
腫れ上がってしまった鼻の粘膜をわずか数十秒で元にもどしてしまうものになります。

ナファゾリンではなくてもパッケージに書かれている成分表に「ゾリン」って書かれたものがあれば、
たいていは血管収縮剤になりますので、息苦しくて困るのであれば試してみてくださいね。

血管収縮剤にも副作用がある?

血管収縮剤を勧めておいて申し訳ないのですが、血管収縮剤にも副作用があります。

それは使いすぎると元に戻らなくなる「慢性肥厚性鼻炎」になるからです。

血管収縮剤を使いまくり鼻づまりを起こし、

病院に、

「二度と使っちゃダメ!」

とダメ出しされたこともありました。

使った頻度はおそらく半年ぐらいかと思います。2~3週間で1本ぐらいのペースで使っていましたので、10本ぐらい血管収縮剤を使っていたことになりますかね。
症状がひどい時はとくに減りが早かったですね。(苦笑)

それで、ある時から薬が効かなくなって、しかたなく病院に行ったことを覚えています。

その時に渡されたのがステロイド点鼻薬になります。

アルロイヤーやナゾネックスなど。

名前は変われども、何年も変わらずステロイド点鼻薬を処方するということは、それしか処方するしかない、ということです。

ここ何年か、色んなエビデンスを読んでいますが、鼻の病気に関してはなるべく薬で治さず、ゴミや病原菌を吸わないようにした方がいいのかもしれませんね。

事実、医師が処方する薬もステロイド点鼻薬しかなく、名前が変われども、これしかありません。

ですので、ステロイド点鼻薬は使いながら、どうしても苦しければ血管収縮剤でなんとかするといった方法が理想なのでしょうか。

鼻づまりにならないためには?

口呼吸を止めるには、鼻づまりを解消する必要があります。

鼻づまりを解消するには、点鼻薬も重要なのですが、もう1つ忘れてはいけないのが、鼻に付着したゴミを取り除くことです。

意外と知られていませんが、鼻の病気(鼻水がダラダラと流れること)の大半は鼻に付着したゴミが原因である可能性が高いですね。

たとえば、熱いものを食べると鼻水が止まらなくなります。

香辛料が強いことや、急激に温度が高くなり、冷却するために鼻水がダラダラと流れます。

この時に鼻がどういった症状になっているのかは分かりませんが、
体に不必要なものだから外に出したいという気持ちから鼻水がダラダラと流れてくるのかもしれませんね。

そこで、まずは鼻うがいをしてみたらどうでしょうか?

鼻うがいは、鼻に付着した毒物などを洗い流してしまう手法です。

これを一回やることで、鼻づまりが解消できたというヒトも多かったことから、
鼻づまりをやる人が増えたようです。

僕は定期的な鼻うがいは勧めませんが、場合により、取り除けないゴミがある場合は鼻うがいをやるべきかと思います。

慢性鼻炎と副鼻腔炎はなにが違うの?

慢性鼻炎とは、治らない鼻炎のことを言います。

慢性アレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎などがあり、僕のように今まで治らなかった鼻炎のことを言います。

この鼻炎を治そうと色んな医師に相談したのですが、

「慢性化した鼻炎は基本的に治らないものだと思ってください。」

と突っぱねられていました。

慢性化した鼻炎は、先天的(生まれつき鼻が弱い)なものが多いですが、
例外として何かの事情で体質が変化して元にもどらなくなってしまったヒトもいます。

たとえば、慢性アレルギー鼻炎の説明で有名なのがヘルパーT細胞の話になります。

僕たちの体にはヘルパーT細胞という便利な細胞(白血球のなかま)があり、悪いウィルスや菌、ゴミやアレルギー物質などを攻撃するように他の細胞たちに指示してくれるものがあります。

ところがヘルパーT細胞も数が多くなりすぎると色々問題を起こすようになります。

たとえば、本来体に無害であるにも関わらず、敵、もしくは毒物と決めつけて攻撃してしまうんです。

食物アレルギーなんかでは典型的な例であり、花粉症のようなアレルギー性鼻炎でも同様のことが言えます。

数が多すぎればそれなりに問題を起こすものであり、警備員も数が多くなると、子供がちょこっとイタズラしようとする光景を目にしたら、そのまま射殺してしまうようなものなんでしょうかね。

アレルギー性鼻炎も食物アレルギーも簡単には治すことができません。

そもそもアレルギー性体質を改善する抗生物質はありませんので当然もことです。

慢性副鼻腔炎はどんな症状?

慢性アレルギー性鼻炎とはべつに慢性副鼻腔炎も同じことが言えます。

副鼻腔炎は、鼻に直接つながる副鼻腔という箇所に鼻水が溜まってしまい痛くなる病気ですね。

細菌がいなくなれば症状が緩和されますが、例外として鼻水が溜まりやすくなってしまう方もいらっしゃいます。

頬が痛い、頭が痛い、目が痛いなど、これらは副鼻腔炎の症状として代表的なものですが、
細菌がいなくなっても鼻水が溜まりやすく空洞ができており、どんなに鼻水を吸い出しても、結局溜まってしまい、痛みだすという悪循環を生み出します。

もちろん、これは人それぞれなので、副鼻腔の構造がヒトとはちょっと違うといったような事がない限り、こんなことはありません。

しっかり抗菌薬を服用し、健康に気を使えば普通のヒトなら慢性副鼻腔炎になることはないでしょう。

慢性鼻炎は治らないのか?

治らない鼻炎=慢性鼻炎であり、慢性副鼻腔炎も慢性アレルギー性鼻炎も「慢性鼻炎」にカテゴリーされます。

現在流通している鼻炎の薬は基本的に対処良薬(その場しのぎの薬)しかありません。

もっとも使い勝手のいいステロイド点鼻薬ですらも、使用を止めると症状がもとに戻ってしまいます。

でもそれは現在の話であり、将来的には鼻水を止めるような薬ができるのかもしれません。

ただ今は、ゴミや細菌を吸い込まないように最小限の努力をすることが、鼻炎にならない近道なのでしょう。

慢性鼻炎による痰を無くす方法は?

鼻炎が長引くと、痰がよくからむかと思います。

今でもたまに道端で痰をはくヒトをみかけるかと思いますが、痰をそのままにしておくと息苦しくなることも分かりますね。

あの症状を止めるには、どうしたら良いのかをまとめてみました。

痰は基本的に無くならない?

痰がノドに流れる症状を「後鼻漏」と言い、後鼻漏に悩むヒトは比較的多いですね。

あまり聞き慣れない言葉ではありますが、大なり小なりほとんどのヒトに後鼻漏はあります。

というのも、鼻水は1日に1L以上ダラダラと流れており、外に出したり、ノドを通過して食べ物と一緒に胃腸に送られています。

寝ているときも同じで、気づかないうちに鼻水を飲み込んでいるということになります。

ところが、タバコを吸う方や、アレルギー性鼻炎に苦しめられている方など、元々鼻炎症に悩む方はこの鼻水がドロっとした黄色になり、ノドにはりつくような不快感になります。

個人差もあり、道端に痰をはかずにはいられなくなるというのは、そういうことなんですね。

痰は飲み込んでも大丈夫?

痰も細菌や白血球の死骸、もしくはゴミの塊なので、体には不要なものですし、粘着力が強く体力が弱い子供や高齢者になれば、痰が絡み窒息死するケースもあるのだとか。

とくに知らずに鼻水を飲み込む睡眠時に起こることがあるとも言われ一般的には、

「痰は排出すべき!」

とされています。

とはいえ、飲み込んだからすぐに死に至るというわけではありませんし、飲み込んでしまった方が周囲の相手に不快感を与えませんし気にすることでもないかと思います。

極小の痰が口元やノドでモゴモゴするのなら、コマメに飲み込んでしまった方がいいでしょうね。

痰を減らすには?

さきほども申し上げた通り、痰はゴミや白血球や細菌の死骸の塊になります。

その濃度が濃くなれば濃くなるほど黄色、黄緑、緑になっていくわけなんですね。

粘着力も強くなりますので、風邪をひいたときに黄色でベトベトした鼻水がでるのは納得できるのではないか?と思います。

鼻水は唾液と一緒のようなもので絶えまなく流れるものですが、
細菌や空気中のゴミを減らしていけば必然的に痰を吐く回数は減っていきます。

そこで試していただきたいのが空気洗浄機というわけです。

体内に細菌やウィルスが入り込むと、増殖するので治るまで痰を吐き続けることになりますが、
健康体で空気洗浄機を設置した部屋に長時間いれば痰を吐く回数が減っていることを実感できるかと思います。

ぼくが使っているのは、ダイキンの空気洗浄機ですが、空気がしっかり洗浄できるのであればどのメーカーでも問題ないかと思います。

まずは痰を排出する原因となるゴミなどを吸い込まない、そうするためには空気洗浄機の設置必須になるというわけです。

それぐらい空気洗浄機に効果があるにもかかわらず空気洗浄機を設置していない耳鼻咽喉科もありますので、
もし患者さんを思うのであれば早急に空気洗浄機の設置をオススメします。

なんで自分だけ痰を吐いてしまうのか?

回りのヒトは痰を吐いていないのに自分だけペッペッペッ痰を吐いてしまうのはなんででしょうか?

これはアレルギー性鼻炎の可能性が高い、もしくは喫煙者などの可能性が高いですね。

ぼくは昔喫煙者でしたので、好きなテニスで息が続かなかったことや、痰を吐きたくなかったことなどで、タバコを止めました。

タバコを止めても、しばらくの間は痰を吐き続けたり、咳が止まらないなどの症状が続き、呼吸器科に通うこともありました。

後ほどこれは繊毛活動という症状だったことが分かり、止めてから半年ぐらい経過すると治りました。

呼吸器科の先生には、最近タバコを止めたことを伝えていたのですが、この症状に関してはまったく教えてくれず、謎の丸い吸入薬(アドエアディスカス)をいつも処方し、何度も通院させようとしました。

これは耳鼻咽喉科の先生もそうなのですが、症状をきいて薬を処方だけすればいいというようなやり方を繰り返せば、いずれ患者はいなくなってしまうでしょうね。

「自分の症状はなんで長いのか?」
「なんでいつまでも薬を飲ますのか?」
「インターネットで調べてもわからないから来ているのに!」

と、こんなふうに思っている患者さんもたくさんいます。

医師自身が「全員本気で治してやる!」という気持ちで接していかないと今後廃業していくかもしれません。

慢性鼻炎にアレグラは有効なのか?

春先の季節になると、花粉症、アレルギー鼻炎、そしてアレグラ。

それぐらいアレグラは一般的なものになりました。

アレグラの特徴は、眠気の少ない花粉症の薬と言われており、眠気が少ない花粉症の薬としてはダントツ1位でしょう。

ただこれは眠気が少ない薬の場合だけになります。

アレグラは効果がないと噂されている?

じつはアレグラは効果が薄い、もしくは無いという話が昔から言われています。

その理由は花粉症の薬(抗ヒスタミン薬)の特徴として、薬の効果が強ければ強いほど眠くなり、逆に効果が弱くなれば効果が薄くなるとされています。
(googleで「抗ヒスタミン薬」という検索キーワードを画像検索すると、各花粉症薬の眠気や効果をグラフ化したものが専門家が説明していますので、そちらをご覧ください。)

これに関しては個人差がありますので「アレグラは効果があるよ!」という方もいらっしゃるでしょうが、
アレグラは花粉症の薬としては効果が薄く、逆に効果が高い薬はたくさんある、ということです。

アレグラはなんで処方されやすいのか?

病院にいくと必ず最初はアレグラが処方されませんか?

アレグラはたしかに効果が薄いということもあるのですが、副作用が少ないというメリットが高いからなんです。

さきほども申し上げた通り、花粉症の薬(抗ヒスタミン薬)は眠くなるという副作用が強く働くため、昔からこれは問題とされていました。

そのため最も効果が高いとされる成分、クロルフェニラミンマレインという成分がありますが、他にも興奮系の成分を混ぜたりして販売されてきました。

色々混ぜれば他にも副作用を起こしやすくなるもので、ヒトにより色んな症状(吐き気、倦怠感、頭痛、息切れなど)も起こりやすくなります。

効果があるけど、弱くても問題ないし、むしろ眠気が少なければ気軽に飲めるということからアレグラが処方されやすいのでしょうね。

もちろん「アレグラでは効果がないから強い薬がほしい」といえば、医師にもよりますがそれなりに処方してくれます。

抗ヒスタミン薬から眠気が少ないアレグラのような第二世代抗ヒスタミン薬が開発されたのもそういうことがあるからなんですね。

アレグラの他にどんな薬があるのか?

アレグラは眠くならない代わりに効果が薄い薬と言われていますが、逆に効果が強い薬は昔からありますし、わりと安価で手軽に手にはいります。

こんな薬はどうでしょうか?

・鼻炎薬A「クニヒロ」
昔からある花粉症の薬。強い成分であるクロルフェニラミンマレインが配合され、水のような鼻水をおさえる成分ベラドンナ総アルカロイドも配合されています。ベラドンナ総アルカロイドは、ダラダラと流れる透明の鼻水に有効です。原因は副交感神経が優勢のときに起きると言われているので、朝目を覚ましたときにダラダラと水のような鼻水が流れた時に効果があるということになりますね。

鼻炎薬A「クニヒロ」はアマゾンで800円程度ですので、アレグラの半値ぐらいでてにはいります。

もし気になるようでしたら是非試してみてくださいね。

慢性鼻炎の薬のランキングを信用してはいけない理由とは?

将来的にズルズルと流れる鼻水を止める薬ができるのかもしれませんが、
基本的に鼻炎の薬は対処療法薬しかありません。

そのため一時的に効果があるものの、薬を止めれば再発してしまいます。

まずはザックリと種類をまとめてみたので、そちらをごらんください。

・点鼻薬
血管収縮剤とステロイド剤の二種類に分かれる。
血管収縮剤は鼻づまりに効果があるが使いすぎると肥厚慢性鼻炎になり、
もどらなくなってしまう。
ステロイド剤は副作用が少なくて、病院でよく処方される。
薬局やドラッグストアでは個人に小売していないケースが高い。
例外として「コンタックス鼻炎スプレー」だけは、個人に小売されているなかで唯一のステロイド剤。
鼻づまり、鼻炎、鼻茸にも効果があるが、止めると再発。

・抗菌薬
蓄膿症(副鼻腔炎)になると、まず処方されるのがこの薬。
抗菌薬は薬局やドラッグストアでは個人に小売していない。
漢方薬では辛夷清肺湯が効果あると言われ、チクナインが売られている。
(当方、何度か試したが効果なし。)
処方薬ではクラリスロマイシンがある。(こちらは効果が無い。)
クラリスよりも強い薬を望むと、ジェニナックなどの強い薬が手に入るが、
薬事法の関係上、一週間から10日分ぐらいしかわたされない。
薬を途中で止めると再発するので、症状がひどく平日から土日、病院通いができないヒトは治すのに苦労する。

・抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬
花粉症などのアレルギー症状がある方に有効の薬。
強い薬を服用すると眠気におそわれるので、注意が必要。
効果が薄い薬は眠気も少なくなる傾向があり、アレグラ(フェキソフェナジン)の場合は治りは限定的。
どの薬を飲んでも治らない方は、まず治らないと思ってくれてヨシ。
小売では鼻炎薬A「クニヒロ」がクロルフェニラミンマレインという強い成分を含んでいるので、これを飲んでも効果が無ければ鼻うがいや空気洗浄機などでやり過ごし、ステロイド鼻炎スプレーを使いながら季節がすぎるのを待つしか無い。

・痛み止め
ロキソニン、カロナールなどがあり、蓄膿症で痛む箇所を和らげる効果がある。
慢性的な蓄膿症や鼻茸などに苦しめられると、どの薬も効果がないので、痛みだけでも和らげようと思い、よくお世話になる。

・その他の補助薬
抗菌薬を飲み過ぎると、下痢や便秘、腹痛になりやすくなる。
そのため、整腸剤(ビオフェルミンなど)を処方されることがある。
ロキソニンなどの痛み止めを服用すると、胃の粘膜が弱るため、レパミドという薬が処方されることがある。

大きく分けてこれだけの種類があり、その中でメーカーによりいろんな種類売られています。

薬のランキングサイトは、もっと特定して「〇〇社の〇〇薬」という言い方をし、
アマゾンなどの販売サイトにジャンプするようになっていませんか?

とくに処方薬は小売りされていないため、まずランキンサイトではお目にかからないでしょうね。

そうなると、ランキングサイトは完全なものではないのかもしれません。