鼻炎にべにふうき茶はなぜ有効なのか?

べにふうき茶は、静岡県で積極的に栽培されている茶葉であり、とくにアレルギー性鼻炎に特化した製品で、今では花粉症=べにふうき茶と言われるほどメジャーな民間療法になっています。

たしかにべにふうき茶は民間療法の1つなのですが、じつは医学的な根拠や臨床試験によって生み出された茶葉とも言われています。

べにふうき茶が本当に医学的な根拠に基づいた商品なのか、これについてまとめてみました。

べにふうき茶はアレルギー性鼻炎に特化した茶葉である

花粉症に有効な茶葉として、べにふうき茶という名前を聞いたヒトはいるのかと思いますが、それもそのはずでべにふうき茶はアレルギー性鼻炎に特化した茶葉として商品化されていますね。

もともとは「べにほまれ」や「べにふじ」といったアッサム系の紅茶用の茶葉と他のダージリン系の茶葉から交配した品種で、国産紅茶としてべにふうきは販売されていたのですが、これらの品種に含まれているメチル化カテキンという成分が抗ヒスタミン薬と同じようにアレルギーを抑制してしまうことがわかったと言われています。

カテキンは抗菌、抗アレルギー作用に優れていますが、発酵してしまうと大方消滅してしまうため、古くは緑茶を飲んだ方が鼻炎や風邪にいいとされていましたが、近年、ネズミのマスト細胞にいろんな茶葉のカテキンを緑茶の状態を抽出して添加したところ、「べにふうき」に含まれているメチル化カテキンがもっとも抗アレルギー作用があることがわかったのだそうです。

花粉症対策用のべにふうき茶を買うと、緑茶の茶葉が粉末状になっていることが多いのは、抗アレルギー作用が強いメチル化カテキンを最大にできるためなんですね。

実際に、べにふうきを使った臨床試験は何度も行われており、医学的な根拠がある商品として、多くのエビデンスがあります。(1)(2)

こういったものは、ただの一例にしかすぎませんが、

静岡県に「花粉症にべにふうき茶」「アレルギー性鼻炎にべにふうき茶」という怪しいのぼりやポスターをデカデカとかかげたお茶屋が多くても消費者庁や厚生労働省に文句言われずにすんでいるのも、べにふうき茶が明らかに抗アレルギー作用がある茶葉として認められているからなんですね。

もちろん、べにふうき茶を飲んでも僕のように効果がなかった方もいるのかと思いますが、これだけ臨床試験でパスした民間療法は珍しいので、まだ試していない方は一度試されても良いのかと思います。

それでも効果が無いようであれば、コチラを試してみてくださいね。

こちらは僕自身使ってみて、あきらかに効果があった商品なので、自信をもってすすめることができますので。

ただし妊婦や乳幼児には使えない

当然、お茶ですからカフェインが含まれています。

カフェインも抗アレルギー作用がある成分なのですが、どちらかと言うとメリットよりも副作用の方が多く目立ちます。

もちろん、絶対に摂取してはいけないというわけではありませんが、やはり無ければ無いにこしたことはありません。

こういった商品も今後はノンカフェインが多くなるでしょう。




コメントを残す