鼻炎を改善したいがどうしたら良いのか?

鼻炎を細かくわけると、アレルギー性鼻炎、蓄膿症(副鼻腔炎)の2つになります。

他にも肥厚性鼻炎とか血管運動性鼻炎などがありますが、肥厚性鼻炎は鼻づまりことでアレルギー性鼻炎と蓄膿症のどちらかが和らげば症状が改善しますし、血管運動性鼻炎は判断できない鼻炎のことを言いますので、まずは症状がよくわかるアレルギー性鼻炎と蓄膿症について考えてみましょうか。

鼻炎はアレルギーか?蓄膿症か?

さきほどももうしあげとおり、鼻炎にはアレルギー性か蓄膿症に分類されます。

この症状がひどくなると、鼻づまり(肥厚性鼻炎)を起こしたり、鼻茸を作ってしまうことがあります。

中でもノドに痰がへばりつく症状、後鼻漏はやっかいなもので、原因と解決策が分からずに苦労される方が多いようですね。

ぼくも若い頃は道端に痰を吐き続けていた経験があったので、気持ちがよくわかりますし、回りから白い目で見られていたときには既に時遅しで、大切にしていた交友関係などを失ってしまったこともありました。

鼻水はいつまでもダラダラと流れますし、症状が苦しいので、この気持をだれか理解してくれるのか、と思っても、

「痰汚い!吐かなければいいだろう?」

の一言で終わるでしょう。

「後鼻漏は上咽頭炎が原因だ」としきりに言う専門家は多く、そのためBスポット療法というものもあります。
(ガーゼに薬品を湿らせて、後鼻漏があると思われる患部(上咽頭)に直接つける。)

でもBスポット療法はかなり痛い上、何度も病院に足を運び、それでも止めると症状が再発するという面倒なことになります。

ただ、後鼻漏もアレルギー性鼻炎か蓄膿症が治れば症状が改善することもあります。

ぼくもその1人でして、ぼくの場合はアレルギー性鼻炎がひどく、ハウスダストや排気ガス、花粉症にも関連していたので、空気洗浄機を寝る部屋に設置したら朝起きた時の痰を吐くという行為が無くなりました。

もちろんこれは1つの例なので、だれもが当てはまるのかというと、そうではありません。

それに、アレルギー性鼻炎は外に出れば、ひとたまりもないので、問題はそのあたりでしょうね。

鼻炎にも理由がある。

大抵、鼻水が出ることは悪いこと、つまり病気だという認識が高いですが、鼻水には重要な役割があります。

それは、鼻をすり抜ける空気に湿気を与えることで、ノドの乾きを最小限にするということがあります。

これは実際にやってみてわかることなのですが、鼻うがいをやると爽快に空気が通りぬけることがわかります。
(当方、鼻うがいは勧めていません。)

ところが、しばらく鼻で呼吸すると、ノドが乾くようになり、咳が止まらないということは無かったですか?

ぼくは初めて鼻うがいをした時に、とてつもなく鼻がスッキリした代わりにノドが乾くようになりました。

とくに大きく深呼吸を繰り返すと、乾きがハンパじゃありません。

このことからも、鼻水は意味があって存在することが分かりました。

問題は、ノドにおりるあの不快感ですね。

鼻水は1日に約1リットルぐらい、絶えまなく流れ続けています。

ところが、しょっちゅうティッシュペーパー片手にビービーと鼻をかんでいるヒトは、

「どこか調子が悪いのかな?」

と思ってしまうのではないのでしょうか?

じゃあ健康なヒトの鼻水はどこに行ってしまうのか?

そう、のどにおりるんですね。

でも、あの不快感が耐えられない。なんでノドにへばりつくような感じになるのか?

それにも理由があるからなんです。

ノドにへばりつく不快感は白血球の死骸などです。

鼻水には水のようなものから、ドロドロ、ネバネバ、色は透明、白、黄色、黄緑と変化します。

風邪やインフルエンザの時に鼻をビービーかむと、カスタードクリームのように黄色い鼻水がべっとり出てきます。

この鼻水がノドにへばりつく。

これが不快感の正体ということですね。

熱が下がって風邪やインフルエンザが無くなっても、例外として細菌がウジャウジャいれば、同じく黄色。

なおかつ、

「鼻水を外にだす必要はない、いつも通りノドから胃におくってしまえばいいじゃん!」

アレルギー性鼻炎もヒドければネバネバな鼻水。

「鼻水を外にだす必要はない、いつも通りノドから胃におくってしまえばいいじゃん!」

どういうことか、もうお分かりかと思いますが、鼻水がノドにおりてしまうのは、体がそこまでひどいものを流し込んでいるという感覚がないからなんですね。

とりあえず、後鼻漏がひどく、アレルギー性鼻炎の症状もあるのであれば、空気洗浄機で症状が和らいだのもうなづけるのかと思います。

ゴミ、アレルゲン、カビ、排気ガス、花粉、病原菌と、目に見えなくても以外と面倒なものはたくさんあります。

もし空気洗浄機1つでなんとかなれば、それはそれで安いものなのでは?と思いますがいかがでしょうか?




コメントを残す