鼻炎は治すことができないものもある?

鼻炎を治すには、耳鼻咽喉科で薬をもらって治ることもありますが、治らずダラダラと続くこともあります。

一般的に慢性鼻炎と呼ばれ、慢性アレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)、慢性肥厚性鼻炎、血管運動性鼻炎、後鼻漏と、これらすべて慢性鼻炎の1つと言われています。

この内、薬で治療できるものは蓄膿症だけで、他は薬で症状を緩和できるものの、治すには至りません。

なぜそうなのかをまとめてみました。

薬で鼻炎を治すことができるものは蓄膿症だけ!

まずアレルギーという体質は、一度なってしまうと元に戻せません。

例外として成長期のこどもはアレルギーが変化していく「アレルギーマーチ」というものがあり、場合によっては大人になるにつれて無くなってしまうこともありますが、たいていの方は一生付き合っていくことになる、疫病神みたいなものになります。

過去に花粉症の特効薬を探し、漢方薬や抗生物質の種類、食べ物などとにかくあらゆるものを探しましたが、アレルギーの薬はなく、唯一の治療方法は抗ヒスタミン薬などで症状を緩和させて季節がすぎるのを待つしかないというものでした。

症状が緩和できるけど、特効薬が存在しない。対処療法薬だけ。

これが現在のアレルギー性鼻炎の治療方法になります。

次に慢性肥厚性鼻炎。

アレルギーや蓄膿症の症状がひどくなったり、ナファゾリンのような成分を含む血管収縮剤を連続して使用すると、肥厚性鼻炎となり、息苦しい強い鼻づまりに変化します。

初期症状は、ステロイド点鼻薬で緩和し、治すこともできるようですが、あまりにも酷くなると、元にもどせなくなり、いつまでも息苦しい毎日を過ごすようになります。

ただアレルギー性鼻炎とはちがい、手術で穴を開放してやるという方法があるので、絶対に治らないというわけでもありません。

そして血管運動性鼻炎。

ある一定のルールにより、なんで鼻炎になっているのかが分からない場合は「血管運動性鼻炎」と診断しても良いということになっています。

もし、

「なんで鼻炎なのか分からない。」

と医師に言われたら、たいていのヒトは怒って帰るのかもしれませんが、それだけ鼻炎はまだまだ謎が多い病気なんですね。

とはいえ、血管運動性鼻炎は鼻の奥にある自律神経の1つ、後鼻神経という副交感神経を切断してやると治ると言われています。

この手術は50年以上も前からあった手術なのですが、神経を切ってしまったがために、涙が出なくなりドライアイに苦しむヒトが増えてしまったのだとか。

そのため、手術自体は衰退していたのですが、鼻のクリニック東京とサージセンターでは、涙分泌障害にならない新しい後鼻神経切断手術を開発し、現在に至ります。

神経を切ってしまうので普通に考えれば障害が残って当たり前ですが、時がたてば非常識も常識に変わるものなんですね。

ちなみに、血管運動性鼻炎に薬はほとんど効かないのですが、ステロイド点鼻薬が唯一症状を緩和させる力があることと、抗ヒスタミン薬に含まれている抗コリン成分が症状を緩和させることができるそうです。

抗コリン剤は長期間服用するとアルツハイマーや幻覚作用を引き起こすこともある成分なので大変危険であり、規定以上の抗ヒスタミン薬を飲んだりしないようにしてくださいね。

最後に後鼻漏

後鼻漏はノドに痰がおりてへばりつく不快な症状のことを言います。

アレルギー性鼻炎や蓄膿症など、鼻水がよくでる症状が緩和されると改善されることもあります。

事実、ぼくはアレルギー性鼻炎もちで、ハウスダストと花粉に反応するため、空気洗浄機を寝る部屋に設置したところ、朝起きた時の痰を外に出したい不快感が無くなりました。

その後、アレルギー系をどうしたら良いのかを調べ、現在は鼻炎の薬は使っていないのですが、後鼻漏には医学的な根拠に基いて治った事例がなく、

「とりあえず、抗ヒスタミン薬と点鼻薬、後は抗菌薬を処方しておくか。カルボシステインも忘れちゃいかんな。」

という感じで薬を処方されるのが大半かと思います。

空気洗浄機がない病院で空気洗浄機の話をしても、

「たしかにそういう事もあるかもしれないね。」

程度でまともに聞いてもらえなかったこともあったので、今後も薬物療法と診察後のネブライザーは定番になるでしょう。

後鼻漏で鼻水がノドにおりる不快感は、なにかしらの合併症(アレルギー性鼻炎や蓄膿症など)を抱えている可能性の方が高いかもしれません。

薬を飲めば必ず治るはまず無いと思ってください。

では、蓄膿症は治るのか?

最初にも書きましたが、蓄膿症の原因は細菌やウィルスによるものです。

発熱が無ければほぼ細菌系であり、抗菌薬をうまく使うことが重要になります。

過去に鼻うがいのやり過ぎで巨大な鼻茸を作ってしまい、右前頭洞に鈍く重い痛みが毎日発生するようになりました。

初診でレントゲンも撮影したところ、

「あっ蓄膿症だね。強い抗菌薬を一週間だしておくから次の土曜日にまたきてね。」

と言われました。

ところが、右前頭洞の白いモヤは中々とれず、1週間、2週間、1ヶ月と経過、2ヶ月経っても症状が改善しませんでした。

違う耳鼻咽喉科に変更して、症状が改善しないことを訴えたところ、

「見たところ、細菌の確認はできなかったよ。内視鏡入れてみるね。」

そうすると鼻腔の1番奥で、大きなエノキみたいなポリープがピロピロと顔を出していました。

「・・・これ手術した方がいいかもね。とりあえずお薬手帳に書かれていなかった強い抗菌薬をだしておくから、それでも症状が改善しなければ紹介状を書くよ。」

こうしてぼくは、鼻茸切除手術することになったのですが、医師曰く、「細菌の確認はできなかった。」ということがあります。

鼻に細菌が発生し、白血球が駆逐をはじめ回りを膿だらけにしてしまう、膿が膨れ上がり副鼻腔を圧迫するため、強烈な痛みを発生させる。

蓄膿症の症状が無くなっても、それが原因でできてしまった鼻茸や腫れまではおさえることはできないんでしょうね。

抗菌成分を含んだ漢方もありますが、抗生物質の方が強力なので、蓄膿症に早くきづいたら早めに薬を飲んだ方が改善できるというわけです。





Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kenkotaisaku/www/hana/hana/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kenkotaisaku/www/hana/hana/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kenkotaisaku/www/hana/hana/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 35

コメントを残す