鼻炎にヨーグルトって有効なの?

鼻炎にヨーグルトというと全然関係ないかと思いますが、じつは密接な関係があります。

なにも鼻にヨーグルトを流し込み、鼻うがいをやれというわけではありません。

その理由云々についてまとめてみました。

鼻炎とヨーグルトの関係について

鼻水が出る原因として、大きくわけて2つあります。

1つはゴミ類が付着して外へ出そうとするアレルギーによるアレルギー性鼻炎。

もう1つは中で細菌やウィルスが増殖して、免疫細胞と戦った結果、残骸が溜まって痛みを発症させる蓄膿症。(副鼻腔炎ともいいます。)

じつはこれら2つとも乳酸菌と大きくかんけいしていると言われています。

まず、ぼくたちの体はヘルパーT細胞という病原菌や毒物の弱点を見つけ出し、それにあった武器(抗体)を作って攻撃してくれるという便利な細胞があります。

ヘルパーT細胞はT1とT2という種類に分かれており、どちらかが増えると相対するもう1つの種類は数を減らしていくということがあります。

ちなみにヘルパーT1細胞は病原菌やウィルス担当。ヘルパーT2細胞はアレルギー物質担当になっています。

ヘルパーT2細胞が増えればヘルパーT1細胞は数が減り、逆に、ヘルパーT1細胞が増えればヘルパーT2細胞が減っていくと言われています。

つまり、アレルギー体質の方は病気になりやすく、疲れやすい、その原因はT1細胞が減って、T2細胞が増えたために起きるというわけです。

このヘルパーT細胞の量を微調整してくれるのが乳酸菌というわけです。

乳酸菌にも色々な種類がありまして、とくにラクトバチルス属の乳酸菌は効果が強く、アレルギー症状を緩和させるヨーグルト、もしくは乳酸菌サプリというと、種類は違えどもこのラクトバチルス属の根性の乳酸菌になります。(1)

こういった話は決して珍しいことではなく、事実になりつつあり、将来的には整腸剤と同じように、アレルギー症状を緩和させるためにラクトバチルス系の乳酸菌サプリが処方される時代もくるかもしれません。

ですので、ヨーグルトすべてが鼻炎や花粉症に効果があるわけではなく、そこに含まれている細菌によって症状が改善するかしないかが、分かれることになるでしょう。

じつは風邪にもなりにくくなる!

ラクトバチルス属の乳酸菌がアレルギーに効果的だということを書いたように、アレルギーに反応しにくくなると、病原菌に強くなるということがあります。

さきほどのヘルパーTの説明のように、アレルギー担当であるT2細胞の量が減ると、病原菌、ウィルス担当のT1細胞の量が増えるようになります。

つまり風邪のような病気にも強くなるので一石二鳥というわけなんですね。

乳酸菌で風邪やウィルスに強くなる、もしくはアレルギーに強くなる、これはどちらも効果は一緒なのですが、効果が現れるまで時間がかかるということがあります。

服用期間は2週間ほど。

1ヶ月ぐらいで効果が現れるということもありあすが、基本的には2週間ほどで効果が現れるようです。

乳酸菌によって、効果にムラがありますので、色々試されたほうが良いかもしれません。

個人的に体質の違いもありますので、一概にこれが効果ありと、ハッキリしたことは言えませんが。





Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kenkotaisaku/www/hana/hana/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kenkotaisaku/www/hana/hana/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kenkotaisaku/www/hana/hana/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 35

コメントを残す