慢性鼻炎と後鼻漏は同じものなのか?

「後鼻漏」というと、鼻炎の病気について調べた方なら分かるかと思います。

でも病院に行って、

「あっ後鼻漏ですね。」

と診断される事はありませんね。

そもそも後鼻漏ってなんでしょうか?
これをどうにかする方法はあるのでしょうか?

ということをまとめてみました。

毎日生活していて痰を吐かない日もあった?

後鼻漏の原因は上顎洞炎(蓄膿症のこと)という声もありますが、慢性アレルギー性鼻炎の場合でも同様のことが言えます。

たとえばウィルスや細菌が付着して鼻を荒らせば蓄膿症になりますね。

風邪やインフルエンザの時に、黄色、もしくは黄緑色の粘りっこい痰や鼻水がでるのは、細菌やウィルス、戦った白血球の死骸になります。

これが副鼻腔に溜まり、溢れたものがノドを通過していけば後鼻漏になるというわけです。

とは別に、花粉症などでくしゃみや鼻水が止まらなくなり、鼻の構造やのどの構造により、鼻水がのどを通過する不快感を生むことがあります。

この場合も後鼻漏になり、花粉以外にハウスダストや排気ガスなどに敏感に感じる方ほど、悩まされるようになります。

細菌性の鼻水なら抗菌薬を飲み続けるしか方法がありませんが、鼻水に細菌がほとんどいなければ、鼻水も透明になるので、抗菌薬を飲む方法を止めて、違う方法を探した方がいいでしょうね。

そこで、現在あなたが痰を吐かない時があったのかどうかを思い出してほしいのです。

痰や鼻水も四六時中でていることもあれば、一時的におさまることもあり、これが繰り返し行われます。

とくに鼻水が出てくる時は、アレルギー性鼻炎とは別に温度や湿度も関係してきます。

たとえば、寒い時に鼻水が止まらない、ジョギング中に鼻水が止まらない、ラーメンやカレーを食べていて鼻水が止まらないなどなど、思い当たる節はありませんか?

今あげたのは極端な例なのかもしれませんが、それぐらい鼻は色々敏感に感じるというわけです。

そして、1番やろうと思ってできないのが、キレイな空気を吸い続けることですね。

花粉やハウスダストがない環境にいれば、鼻が敏感になることも防げると思います。

空気洗浄機。

まずはこれを試してほしいのです。

こんなものも試しましたが?

後鼻漏に効果があると言われ、ホットシャワーという超音波温熱吸入器を試してみました。

鼻水は生理食塩水(薄い食塩水のこと)に弱い性質があり、痰を吐き出しやすくなります。

とくに粘りっこい痰に悩まされているのなら、こういった器具を使って、痰を吐き出すと良いかもしれませんね。

ホットシャワーに関して言うと、

「後鼻漏に効果的でした!」

ひどい場合は、

「後鼻漏が治りました!」

と書いているヒトもいます。

ホットシャワーは僕も試していて、毎日使った感じでは、痰を吐き出しやすくするだけでコレといったメリットは特にありませんでした。

同様の効果として、鼻うがいがあります。

ただ鼻うがいをやって、変なところに水が入ると、中耳炎になったり、副鼻腔炎(蓄膿症)がひどくなることもあります。

そういう意味では鼻うがいよりもホットシャワーの方が良いのかもしれませんね。

体質を変えてみる?

蓄膿症なら抗菌薬を飲んでおけばいいでしょうが、アレルギー性鼻炎による後鼻漏ですと、年中苦しめられることがあります。

ぼくの場合は長いことアレルギー性鼻炎に苦しめられていたため病院に行っても、

「元から鼻が弱いと思うよ。人間なにかしら欠点があるものでしょ。」

みたいな釈然としない回答をもらうこともありました。

ただ唯一の方法として体質を変えてみるという方法もあります。

アレルギーの原因を断つ!

アレルギーの原因は、僕たちの体を守るヘルパーT細胞というものによって決められています。

ヘルパーT細胞は、僕たちの体に変化が起きた時に原因を調べ上げ、その変化が起きた原因を攻撃する抗体という武器を作って攻撃をしてくれるという役割があります。

とくにアレルギー持ちの方は、このヘルパーT細胞の力が強すぎてアレルギーと決めてしまう物を増やしてしまうのだとか。

食物アレルギーが多いのもこれが原因だと思いますがいかがでしょうか?

ところが、このアレルギーを決めるT細胞を減らすことができる方法があると言われています。

それが乳酸菌を摂取するという方法になります。

乳酸菌もいろんな種類がありまして、特にラクトバチルス属という乳酸菌はT細胞の量を調整する役割があり、
ぼくたちの体にもラクトバチルス属アシドフィルス菌という乳酸菌が生活しています。

この乳酸菌には、余分なT細胞を死滅させる効果があり、海外ではアシドフィルス菌単体でサプリが売られているほど有名な細菌のようですね。

ところが、この細菌は、食べ物で摂取するにはほぼ不可能であるためか、僕たちはアシドフィルス菌を減らし、最終的にはアレルギー持ちの体に変えてしまうのだそうな。

そこでアシドフィルス菌に代わる乳酸菌が必要になるのだというわけです。

アシドフィルス菌に代わる乳酸菌は、ラクトバチルス属の棍状の細菌に見られるもので、研究も進んでいます。

ぼくが勧めるのは、これ一本しかありません。

→25年以上続いた慢性鼻炎を体内から整えてくれた乳酸菌サプリメントはコレ!!

いろんなものを試したのですが、これしか効果が無かったからです。